KANDARIVAS

物語 story

2022.10. 23 ライブ情報!【激昂祭 〜其の二〜】
詳細はライブスケジュールをCheck!!

2022.8. 8 ライブ情報!【Nakano Extreme02】
詳細はライブスケジュールをCheck!!

2022.7. 8 神田商会 greco artistにTOMOKIが掲載されました

2022.5. 2 New kandarivas 1st Gig in Tokyo!!
【Nakano Extreme01】 詳細はライブスケジュールをCheck!!

2022.4. 5 ライブ情報【Grind Bastards2022】
詳細はライブスケジュールをCheck!!

2022.4.1 【KANDARIVAS ボーカル加入のお知らせ】
この度ボーカリストとしてKNEEYAが加入致しました.
メタルコアバンドovEnolaでも活躍する若きボーカリストです.
今後は4人で活動していくことになり復活ライブも決まっております.
新体制のKANDARIVAS 引き続き何卒よろしくお願い申し上げます!


2022.1.5 【BLOOD SURGICAL DEATH』 (indonesia version)
released by Lawless Jakarta records 9 Januari 2022, dalam format CD.

2022.1.1 『清水太鼓店 x KANDARIVAS』
この度今年で創業75周年"神社仏閣御祭礼一式諸太鼓製造清水屋太鼓店"様より
KANDARIVAS太鼓:カイキのサポートをして頂けることになりました.
早速素晴らしい太鼓を作成頂きました!

2021.10.30 【ASAKUSA DEATHFEST2021】
出演決定!!詳細はこちら
BLOOD SURGICAL DEATH longsleeve art by Naru Sekine
同時発売!

2021.10.30 【New release!!】
Blackandje Recordsより
NOXAxKANDARIVASxINLANDER split"PROPAKANDA WEAPON"がリリースされます。
近日入荷予定!!詳細はRELEASEをCheck!!

2021.10.11 【New Release!!】
New shingle 『ガラパチ〜鳶と窒素〜』
詳細はRELEASEをCheck!!

2021.7.19 【新メンバー加入!!!】
この度Kyosuke(Abort Mastication/No One Knows What the Dead Think/Retortion Terror)がドラムとしてKANDARIVASに加入致しました.


2021.1.7 はるまげ堂TV 第8回目
ちょい見せ予告公開
Presented by はるまげ堂
協力 : Wild Side


2021.11.24 はるまげ堂TV 第7回目
ちょい見せ予告公開
Presented by はるまげ堂
協力 : Wild Side


2021.7.30 はるまげ堂TV 第6回目
ちょい見せ予告公開
Presented by はるまげ堂
協力 : Wild Side


2021.2.25 はるまげ堂TV 第5回目
ちょい見せ予告公開
Presented by はるまげ堂
協力 : Wild Side


2021.1.12 はるまげ堂TV 第4回目
ちょい見せ予告公開
Presented by はるまげ堂
協力 : Wild Side


2020.7.27 はるまげ堂TV 第3回目
9月27日 22時から配信開始!
Presented by はるまげ堂
協力 : Wild Side


2020.7.27 はるまげ堂TV 第2回目
7月27日 22時から配信開始!
Presented by はるまげ堂
協力 : Wild Side



2020.6.14 はるまげ堂TV 第1回目 ゲスト出演
生放送でお送りいたします。



2020.5.23 ゴング格闘技 7月号
Tomokiの単独インタビューが掲載されました。




2020.1.9 やのっちぇのトークボンバー!
第200回「KANDARIVAS登場!爆撃グラインドトリオにインタビュー!」

        出演!!


2019.12.4 ディスクユニオン 11月オンラインセールスチャート
2位にランクインしました!
        


2019.11.15 ディスクユニオン 週間チャート
1位にランクインしました!
        


2019.9.21 TOMOKIが神田商会及びGRECO GUITARSより
サポートして頂けるようになりました!
GRECO GUITARS ARTISTにTOMOKIが掲載されております!
どうぞご覧ください!

2019.4.26 NHKworld radioよりインタビューを受けました!

3split
 NOXAxKANDARIVASxINLANDER 亡きtonnyとfadzilに捧げる3way split"PROPAKANDA WEAPON"
ついに Blackandje Recordsより発売!
KANDARIVASからは"バンカラ","ガラパチ(インドネシアミックス)",NOXAのカバー2曲
の計4曲を収録。日本にも入荷予定!





garapachi
令和3年10月11日 発売

  東京下町・神田結成、和太鼓を取り入れたエクスペリメンタル・トライバルグラインドコア。新ドラマーにABORT MASTICATION / ex COHOLでの活動歴もありDISCORDANCE AXISのJon Changが2016年に結成したグラインドコアバンド、NO ONE KNOWS WHAT THE DEAD THINKのレコーディングにも参加した凄腕ドラマー、Kyosukeが加入しての初レコーディング音源。和太鼓メンバーには脱退したKaikiが復帰。 新生KANDARIVASの門出となる1曲は「がらっぱち」な「江戸の火消し」をテーマにした”ガラパチ ~鳶と窒素~”。神田節を炸裂させたキャッチーで覚えやすい口ずさめるような明るいお祭りナンバーで前回、コロナ禍で制作・発表された”Blood Surgical Death”の緊張感に満ちた作品から、かつてのKANDARIVASらしい楽曲に回帰したイントロ含む2曲を収録。新生KANDARIVASの今後の活躍が期待できる渾身の1枚。





BLOOD SURGICAL DEATH
令和3年5月21日 発売

  東京下町・神田結成、和太鼓を取り入れたエクスペリメンタル・トライバルグラインドコア。バンドリーダー、トモキがコロナ禍において彼の本業でもある外科医として、医療現場で感じた危機感、病院に送られてきた死体袋、感染の恐怖などを楽曲に向けて吐き出し、制作されたコンセプトアルバム。 アルバムジャケットでは彼自身の血液を抜き取り、ゆっくりと凝血しひび割れていく過程を写真に収め、コロナ禍で社会が不安と恐怖に取り込まれ崩壊していったさまをメタファーとして表現。また日本語歌詞にも拘り、ミュージシャンそして医師としての言葉が綴られ、アルバムのラストは「死体袋」と題された曲で終わる。これまでのKANDARIVASの音源とは違った緊張感に満ちたアルバムに仕上がった。またこのレコーディングを最後にドラムのOnoboneが脱退。楽曲だけでなくバンドとしても転換期となる重要な1枚。





GRIND SURGICAL SHRINE記念グッズ
令和2年11月19日 19:00- 発売
【日本のライブハウスを元気にしよう!!
GRIND SURGICAL SHRINE
発売1周年記念ハンドメイドコラボレーショングッズ販売】
詳細はこちらより





GRIND SURGICAL SHRINE
令和2年9月27日発売
『GRIND SURGICAL SHRINE』2nd press

2019年11月11日に発売となったKANDARIVAS、9曲入りミニアルバム “Grind Surgical Shrine”が発売から約半年で1000枚を完売。
大好評につきジャケット違いによるセカンドプレス盤が発売。
Obliteration Records Japan




Blast Up Your Ass
2020.6.26 発売
『Blast Up Your Ass』

コロナ禍でライブ活動ができないフラストレーションを放出するために急遽リリースとなった国産グラインド・コア 2バンドによるスプリット音源。
Obliteration Records Japan





2020.6.12 発売
『Live at Shinjuku Extreme』

BUTCHER ABCによる毎年2月9日、新宿DUESにて開催される肉の日2マン対決ライブ。
2019年は死んだ細胞の塊、2020年はKANDARIVASと対決。その対決ライブを収録したライブアルバム。
Obliteration Records Japan





令和1年11月11日発売
『GRIND SURGICAL SHRINE』
Obliteration Records Japan
東京神田生まれ、生粋の江戸っ子 Tomokiを中心に結成されたグラインドコアバンド、KANDARIVAS。 和太鼓を取り入れた実験的かつ独創的なダブルドラムによるビート、時にインダストリアルタッチな硬質なギターリフを刻みベースレスながら重厚なサウンドで和洋折衷ともいえる独自のKANDARIVASサウンドを構築。結成からライブ活動も頻繁に行ない、またインドネシアのDEADSQUADとも交流が深くインドネシアでも数多くのライブをこなしてきたKANDARIVASが満を持して解き放つ9曲入りミニアルバム。録音・ミックスダウンはVoid)))lab、マスタリングにStudio ChosK。アートワー クにTERRORIZER、NOCTURNUS、死んだ細胞の塊なども手がけたBvllmetal。これまで主流となっていた欧米型のグラインドコアのストラクチャーに日本の文化と感性が融合し新たなグラインドコアの可能性を感じる作品がここに誕生。





While the city burns x KANDARIVAS
「GRIND COBRA」
総合格闘家
三島☆ド根性ノ助選手に贈る
Dokonjonosuke Mishima
渾身のsplit album